【こもれび日誌】

大分県大分市のフラワーデザイン教室【こもれび komorebi】の公式Blogです。

こもれび本棚その1【基本セオリーがわかる花のデザイン~基礎科①~磯部健司監修・花職向上委員会編】

どもこんにちは!

フラワーデザイン教室こもれび

クラス担任の梶川です☆

 

最近

「お花の勉強をしたいんだけど、どんな本がいいの?」

とか

「本屋さんにいっても

種類が多すぎて、何を読めばいいかわからない....」

 

といった声をよく聞きます。

 

確かに

 

本屋さんにいくと

 

「ビギナーにおすすめ!○○アレンジテクニック!」

「フラワーアレンジ入門!」

 

みたいなタイトルの本が山ほどあり

 

どれを買って読めばいいのか迷ってしまいますよね。

 

その質問に対する明確な答え

というものは難しく

 

ご自分が

「どういった目的」で「どういったことを知りたいのか」

といった要素にもよりますので

 

それに見合った内容の本を探すことになるではないでしょうか。

といっても、そんなことわかんない!

といった方もいらっしゃるでしょうし

 

自分からの回答は

「ぺらぺらーっとめくって、あ、なんかいいかも!と思った本はとりあえず立ち読みでもいいし、買ってもいいので、とりあえ読んでみれ♪」

 

です笑

 

まずは読まなきゃ始まりません!笑

 

 

そこで

「こもれび本棚」

と題しまして、これから時折、自分が読んで

「あ!これはいいな!」と思ったお花の本やお花にまつわる本、お花と直接関係ないけど、デザインの領域で関連性のある本など

 

オススメの本をご紹介していきたいと思います。

 

 

今回ご紹介するものはこちら。

 

【基本セオリーがわかる花のデザイン~基礎科①~

花の取り扱いを学ぶ~植物を知り、活かす~

f:id:komorebi8787:20161018074700j:image

*【基本セオリーがわかる花のデザイン~基礎科①~花の取り扱いを学ぶ~植物を知り、活かす~

磯部健司監修・花職向上委員会編

 

内容としてはどちらかというとお花屋さん、花を仕事にしている方向けの内容ですが

異業界の方にも読んでいただけると

 

【花の世界のデザイン】というものがどんなものなのか

理論的に垣間見ることができると思います。

難しめな専門用語を

独特の言い回しで解説しているので

 

最初はすこしとっつきにくいかもしれませんが

花職、お花に携わる方にはぜひご一読をオススメします。

 

まさしく

表題通りの

【基本セオリーがわかる】といったところでしょうか。

 

 

この本を出稿された

花職向上委員会という団体のHPがこちら。

www.flower-d.com

そのなかにある

「花職向上の十式」

のページは

フローリストの方は必見です。

www.flower-d.com

 

絵画をみるときに

ある程度の知識や時代背景、文化などを知っておかないと

ほとんど理解できないのと同様に

 

お花という世界の中での

言語

ともいえる

理論の習得こそが

 

花職向上の一歩といえるでしょう。

 

Amazonさんでも購入可能です↓

https://www.amazon.co.jp/dp/4416616007/

おととし発刊の分もあわせて

一読をオススメします。