【こもれび日誌】

大分県大分市のフラワーデザイン教室【こもれび komorebi】の公式Blogです。

9月9日㈮は菊の節句こと【重陽の節句】!菊を楽しもう!!

こんにちは!

 

フラワーデザイン教室こもれび

クラス担任の梶川です!

 

9月も最初の土日が終わり早くも2週目ですね!

 

先週㈮の

 

【お月見プリザ】は

 

和風モダンなデザインで

参加者の方から大変好評をいただきました!

 

 

今週は重陽節句

さて今週㈮は9月9日。

 

五節句のひとつ

重陽」ですね!!

 

そもそも五節句って

なんでしょうか?

 

桃の節句

端午の節句あたりは有名ですが

全部いえる人は意外と少ないのではないしょうか??

 

節句とは

古くは江戸時代までさかのぼります。

 

江戸幕府により

重要な年中行事として

1年に5日の式日(しきじつ)(祝日)が制定されました。

 

1月7日人日(じんじつ)「七草節句

3月3日上巳(じょうしん)「桃の節句

5月5日端午(たんご)「菖蒲の節句

7月7日七夕(しちせき)「笹の節句

 

そして

9月9日重陽(ちょうよう)「菊の節句

なのです!

 

もともとは

節供】と表記していたものが

いつのまにか

節句という当て字になったそうです。

 

重陽節句(菊の節句

f:id:komorebi8787:20160906172155j:plain

9月9日です。

節句の行事は中国から伝わった考え方をもとにしているのですが

 

奇数は中国では縁起の良い【陽】の数字とされ

9は9番目、つまり最後の陽数【陽】が重なる日=9月9日を

めでたい日として大切にしたことから

 

重陽節句

 

となったようです。

 

菊の節句

f:id:komorebi8787:20160906172101j:plain

 

菊の節句といわれるようになった所以は

 

中国では菊の花が「不老長寿」の薬草として

重宝されたのが由来です。

菊の花が咲き誇るこの季節に

菊の花をお酒に浮かべる「菊酒」をのんで

邪気を払っていたそうです。

 

現代の日本では

ひな祭りの桃の節句

菖蒲湯の端午の節句

七夕などの陰に隠れて

 

あまり馴染みのない習慣ですが

ぜひ、今週のレッスンでは

 

 

菊を堪能してみましょう!!!

 

9月9日は重陽節句!菊を堪能するアレンジ

f:id:komorebi8787:20160906174037j:plain

 

日時:9月9日㈮19時~20時30

参加費:2500円(税込み)

場所:クアトロ(大分市田尻90-1)

お申込み トキハわさだタウン2街区3Fチェルシーテラス店頭または

お電話097-542-6387まで。

 

残席4名様です(9月6日時点)

 

あなたとお会いできますことを楽しみにしております!!!!